建設と未来へ
向かう

荒井工業は昭和38年の創業以来、建設を通じて地域社会に奉仕するという理念を掲げ、今日まで多くの公共建設事業から、設計・技術力を生かした住環境創りに重要な役割を担ってまいりました。

未来に向けて環境を保全し、創造する立場として、建設業界への役割がこれまで以上に高まっていくものと考えられます。地域社会への貢献を目指すとともに、社会的な価値としても未来へ残るような仕事をしていくことに誇りを持って取り組んで参ります。

開発を総合的に
プロデュースする
それが荒井工業の
「仕事」です。


生活環境をよりよくするために、荒井工業は、トータルなマネージメント(経営)、デベロップメント(総合開発)及びコンストラクション(建設)を第一に考えています。

自然との関わり方や気候風土、歴史をふまえてその地域の特性を十分に調べ、ただ単にモノを造るだけでなく、未来の姿をイメージしながら環境を造り上げていく。
「自然の中における人間のポジション」を考えたとき、便利さを優先させるために何かを犠牲にしていることはないでしょうか。

たとえば都市化するあまり失われてゆく静けさ。自然の息吹。人とのふれあい・・・・ 。

いま必要なものは、人と地球の調和に立った自然空間の実現です。

私たちは、これまでに土木、建築、設備工事と幅広い分野において培われた技術とノウハウを活かし、社会に文化的でやすらぎのある環境を創造し、後世に残すことを「使命」としています。

施工事業一覧


OUR WORKS

会社案内


COMPANY

採用情報


RECRUIT